看護学

地域看護学

豊島泰子
商品コード:
978-4-86194-060-6
本書は保健師コースを選択しない看護学生や新人看護師が対象です。地域看護活動に対応できるよう最新の法律や制度を取り入れ,図表を多く用いながら,第1部:地域看護学概論,第2部:地域看護活動の場と特性,第3部:地域看護活動の展開についてまとめ、教科書として使いやすいように構成しています。
【販売価格】
3,240 円(税込)
ポイント 30 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 看護学
目次

第1部 地域看護学概念
第1 章 地域看護学の概念
1.地域看護とは
2.健康の捉え方の変遷
3.地域看護活動の場と対象
4.地域看護学と公衆衛生看護学
第2章 地域看護の歴史
1.訪問看護の芽生え
2.さまざまな地域看護婦の誕生と活躍
3.戦後の地域看護政策
4.地域看護の台頭
5.保健師教育の変化と課題
第3章 社会環境の変化と健康への影響
1.社会情勢の変遷
2.健康に影響する生活環境と社会要因
第4章 地域保健医療福祉行政と活動に関する法律
A 地域保健医療福祉の関係法規
1.保健・予防に関する法規
2.医療や薬剤に関する法規
3.労働に関する法規
4.生活・経済に関する法規
B 地域看護業務と法律
1.看護職業務と関連法規
2.看護師などの法的権利と義務
3.訪問看護業務の範囲と看護職が守るべき義務
4.在宅ケアを支える専門職の業務範囲
5.ケアに関連する事故や安全対策、個人情報の漏洩を防ぐ
第5章 地域看護活動に必要な理論
A プライマリヘルスケアとヘルスプロモーション
1.プライマリヘルスケア
2.ヘルスプロモーション
B 保健行動と行動変容理論
1.保健行動
2.行動変容理論
C 家族看護論
1.家族の動向
2.家族のとらえかた
3.家族看護とその諸理論
4.家族看護
第6 章 地域看護管理
1.地域看護管理の概念
2.地域看護管理の特徴
3.地域看護管理の実際
4.健康危機管理

第2部 地位看護活動の場と特性
第1章 行政機関における地域看護活動
1.都道府県における地域看護活動
2.市町村(保健センター)における保健師活動
第2章 病院・在宅における地域看護活動
1.病院における地域看護活動
1)病院での地域看護活動
2)退院支援調整
2.在宅における看護活動
1)地域包括支援センター
2)訪問看護
3.ケアマネジメントの展開
第3 章 学校における地域看護活動
1.地域看護と学校保健
2.学齢期の健康の現状
3.学校保健の業務
4.学校保健における養護教諭の活動
5.障害児のための教育(特別支援教育)
第4 章 産業保健における地域看護活動
1.産業保健の理念
2.産業保健活動の変遷と現状
3.産業保健を推進する体制
4.産業保健活動の基本
5.産業看護活動
6.産業保健の健康課題
7.地域と職域連携

第3部 地域看護活動の展開
第1章 技術・方法
A 家庭訪問
1.家庭訪問・訪問指導とは
2.家庭訪問・訪問指導の目的と対象
3.家庭訪問・訪問指導の進め方
B 健康相談・健康診査
1.健康相談・健康診査の目的と対象
2.健康相談の進め方
C 健康教育
1.健康教育とは
2.健康教育の目的と対象
3.健康教育の進め方
4.健康教育の評価
5.健康教育の実際
D 地域活動論
1.地域診断とは
2.地域診断と地域保健看護活動の展開
3.地域保健活動計画
E グループ支援・組織化
1.グループ支援
2.地域の健康づくり推進のための地区組織育成活動
3.グループ育成と地域ケアシステムづくり
第2章 対象別保健活動
A 母子保健活動
1.母子保健活動の変遷
2.母子保健対策
3.母子保健活動の実際
B 成人保健活動
1.生涯を通じた健康づくり
2.生活習慣病対策
3.成人保健活動の実際
C 高齢者保健活動
1.高齢者保健対策
2.介護保険制度
3.高齢者保健活動の実際
D 難病保健活動
1.難病保健対策
2.難病保健活動の実際
E 精神保健活動
1.精神保健医療福祉の変遷
2.精神保健医療福祉対策
3.精神保健活動の実際
F 障がい者保健活動
1.障害児・者保健対策
2.障害者保健活動の実際
G 感染症対策
1.感染症法による対策
2.在宅における感染症対策
第3 章 災害看護活動
1.災害の定義と災害看護の目的
2.災害看護の制度とシステム
3.準備期の災害予防対策と看護職の活動
4.対応期の災害応急対策と看護職の活動
5.回復期の災害復旧・復興対策と看護職の活動
6.大震災と看護職の活動
7.放射能汚染と看護職の活動
第4 章 国際看護活動
1.国際看護・保健活動の意義と必要性
2.保健医療分野に関連する国際機関と国際動向
3.日本の国際協力の仕組みと国際看護活動の現状
索引