国家試験

2017年出題傾向がみえる在宅看護論

豊島泰子
商品コード:
9784861941641
  • NEW
在宅看護の社会的背景、対象者、長期療養患者やターミナル期にある患者の在宅援助に必要な医療管理・指導に関する知識を身に付けましょう。
第91回~第105回までの過去問題が掲載されていますので、答えを覚えてしまうまで、何度も解いておきましょう。平成29年2月にも類似問題が出題されます。退院調整から在宅看護計画に向けた地域連携、家族介護者への支援の視点などをチェックしておきましょう。
【販売価格】
1,944 円(税込)
ポイント 0 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 国家試験
目標Ⅰ.在宅看護の特徴,在宅療養者及び家族について基本的な理解を問う.
1.在宅看護が必要とされる背景と根拠
A.社会的背景
B.在宅医療・介護と制度
2.在宅看護の対象と生活
A.在宅看護の対象者
B.対象者の生活
C.在宅看護の提供方法
3.在宅看護の目的
A.自立・自律支援とQOL向上のための支援
B.病状・病態の予測と予防
4.在宅看護の役割と機能
A.生活の中で必要となる安全管理
B.家族への支援
C.療養の場の移行に伴う看護
D.医療機関との連携
E.在宅におけるチームケア
F.ケアマネジメント・ケースマネジメント
G.在宅看護における倫理的課題
目標Ⅱ.在宅における看護について基本的な理解を問う.
5.訪問看護の概要
A.訪問看護制度の理解
B.訪問看護制度の法的枠組み
C.訪問看護サービスの仕組みと提供
6.生活を支える在宅看護技術
A.食事・栄養の援助方法に関する援助
B.排泄の援助
C.清潔の援助
D.移動の援助
7.在宅療養者の状態・状況にあわせた看護
A.日常生活活動の低下予防及び疾病の再発予防が必要な療養者
B.回復期(リハビリテーション期)にある療養者
C.慢性期にある療養者(難病・認知症)
D.終末期にある療養者
8.在宅における医療管理を必要とする人と看護
A.薬物療法
B.酸素療法
C.人工呼吸療法(非侵襲換気療法)
D.膀胱留置カテーテル法
E.胃瘻・経管栄養法
F.中心静脈栄養法
G.褥瘡管理