看護学

改訂版 実践これからの医療安全学

監修 安藤恒三郎 編著 矢野 真  谷 眞澄
商品コード:
978-4-86194-175-7
  • NEW
全国の医療施設に先駆けて、医療安全活動に取り組んできた日本赤十字の専門家が執筆した看護師のためのテキストである。本書は、看護教育の新カリキュラムに対応するとともに、新人看護職員研修や現場の第一線で医療安全推進活動を担っている若手看護師に役立つように企画されている。写真、イラストや図表を多くして、すぐに医療安全対策に取り組めるように編集されている。
【販売価格】
2,592 円(税込)
ポイント 24 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 看護学
第1章 医療安全とヒューマンエラー
 1.安全文化の醸成 
 2.病院の医療安全管理組織
 3.医療事故とインシデントレポート
 4.ヒューマンエラー
 5.事故後の対応と医療事故分析
 6.事故防止対策 ヒューマンエラーへの対策
 7.医療安全の新しい話題
第2章 医療安全への取り組みと課題
 1.国の医療安全に関する取り組み
 2.社会,そして患者が求める医療安全
第3章 診療の補助業務に関する医療安全
 1.薬剤投与 注射・内服
 2.輸 血  
 3.医薬品毒性ばく露と血管外漏出
 4.規制医薬品 麻薬・向精神薬・毒薬・劇薬
 5.輸液ポンプ・シリンジポンプ 使用時の管理
 6.チューブ類の管理
 7.人工呼吸器の管理
 8.酸素ボンベの取り扱い
 9.検 査
第4章 療養上の世話に関する医療安全 
 1.転倒・転落事故
 2.身体抑制  
 3.熱傷などの皮膚障害
 4.誤嚥・窒息・異食・誤飲
第5章 急変時の対応
 1.急変時の対応
第6章 感染管理
 1.感染管理
第7章 災害時の救護活動における医療安全
 1.災害時の救護活動における医療安全