国家試験

2019年出題傾向がみえる成人看護学 上

編著:松浦純平 監修:守本とも子
商品コード:
978-4-86194-203-7
  • NEW
この『出題傾向がみえる成人看護学 上 
2019年版』は,看護師国家試験出題基準の
中項目に基づき2部構成になっています.
前半部分は看護師国家試験に頻出される
重要な内容・用語について分かりやすく
詳細に解説をしています.
後半部分は,実際に看護師国家試験に出題
された過去問題に解説をつけて集録しています.
【販売価格】
2,160 円(税込)
ポイント 20 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 看護学 書籍 > 国家試験
平成30年版看護師国家試験出題基準の「成人看護」については,
「周手術期」と「慢性疾患」,「リハビリテーション」についての項目
が拡大しました.
『出題傾向がみえる成人看護学上 2019年版』を十分に活用し,「継続は
力なり」の言葉を胸に刻み,日々国家試験対策勉強に取り組み,来春
の看護師国家試験の合格を勝ち取りましょう.

目次
目標Ⅰ 成人各期の健康保持・増進や疾病の予防について基本的な理解を問う.
❶ 成人の特徴と生活
A 成人の発達課題の特徴
B 成人の生活
C 成人を取り巻く環境
❷ 成人における健康の保持・増進や疾病の予防
A 生活習慣に関連する健康課題
B 職業に関連する健康課題
C ストレスに関連する健康課題
目標Ⅱ 急性期にある患者と家族の特徴を理解し看護を展開するための基本的な理解を問う.
❸ 急性期にある患者と家族の特徴と看護
A 患者の特徴
B 家族の特徴
C 急性期における看護の基本
❹ 救急看護,クリティカルケア
A 緊急度と重症度のアセスメント
B 救急看護・クリティカルケアの基本
❺ 周術期にある患者と家族への看護
A 患術前からの看護
B 術中の看護
C 術後の看護
D 術後合併症と予防
E 術後の機能障害や生活制限への看護
目標Ⅲ 慢性疾患がある患者と家族の特徴を理解し看護を展開するための基本的な理解を問う.
❻ 慢性疾患がある患者と家族の看護
A 慢性疾患がある患者と家族の特徴
B 慢性疾患の治療と看護の基本
C セルフケア・自己管理への看護
D 社会的支援の獲得への看護
目標Ⅳ リハビリテーションの特徴を理解し看護を展開するための基本的な理解を問う.
❼ リハビリテーションの特徴と看護
A リハビリテーションの特徴
B 機能障害のアセスメント
C 障害に対する受容と適応への看護
D チームアプローチと社会資源の活用
E 患者の社会参加への支援
目標Ⅴ がん患者と家族の特徴を理解し看護を展開するための基本的な理解を問う.
❽ がん患者と家族への看護
A がん患者の抱える苦痛
B がん患者の生活上の困難
C がん患者の治療と看護
D がん患者の社会参加への支援
目標Ⅵ 終末期にある患者,および緩和ケアを必要とする患者と家族の
特徴を理解し看護を展開するための基本的な理解を問う.
❾ 終末期にある患者および緩和ケアを必要とする患者と家族への看護
A 緩和ケアを必要とする患者と家族への看護
B エンド・オブ・ライフ・ケア〈end-of-life care〉
C 臨死期の看護
目標Ⅶ 各機能障害のある患者の特徴および病期や障害に応じた
看護について基本的な理解を問う.
❿ 呼吸機能障害のある患者の看護
A 原因と障害の程度のアセスメントと看護
B 検査・処置を受ける患者への看護
C 治療を受ける患者の看護
D 病期や機能障害に応じた看護
⓫ 循環機能障害のある患者の看護
A 原因と障害の程度のアセスメントと看護
B 検査・処置を受ける患者への看護
C 治療を受ける患者の看護
D 病期や機能障害に応じた看護