一般

介護の事業継続計画

服部万里子 須藤康夫  
商品コード:
978-4-86194-082-8
大規模災害に備えた地域包括ケアでの事業継続計画(BCP)に欠かせない「ヒト、組織、情報、カネ」の動きをいますぐチェック!阪神淡路大震災が証明した「安全・安心」の事例。東日本大震災を乗り越え営業再開にこぎつけた事業所のBCPとは何か。生き残りをかける介護事業者に必携の一冊。
【販売価格】
1,944 円(税込)
ポイント 18 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 一般
目次

Chapter 1 いま、求められる要介護高齢者の防災対策
「津波てんでんこ」の実践に向けて
はじめに

1 東日本大震災の津波被害の拡大の原因

2 高齢者の津波被害

3 在宅の災害弱者の津波被害

Chapter 2 大規模災害時のBCP 対応

❶地域包括ケアにおける大規模災害時の介護サービス事業所の事業継続

1 東日本大震災における介護サービス事業所のケア継続の課題は何か

2 阪神淡路大震災の経験は活かされたのか

3 大規模災害時の介護サービス事業所のケア継続の具体化

4 地域包括ケアにおける災害対応と介護事業のBCP

❷在宅の要介護高齢者を大規模災害から守るには?

Chapter 3 成功例にみる介護事業継続計画

1.介護事業者の重要業務と事業継続に重要な要素

2.座談会 阪神・淡路大震災が証明した神鋼ケアライフの安心・安全

Chapter 4 実践編 東日本大震災に学ぶサービスごとにみる事業継続計画の実際

1.東日本大震災を乗り切るいのちの支援

2.多職種との連携が復興への「力」に

Chapter 5 災害を想定した事業計画

Chapter6 大災害における社会福祉法人の対応
~事業の継続を維持する仕組みづくり(事業継続計画をめぐって)

1.職員のモチベーションは利用者の笑顔

2.防災に関する法や通知

3.社会福祉法人が想定する基本的な対応