国家試験

2015年出題傾向がみえる疾病の成り立ちと回復の促進

高橋ゆかり 柴田和恵 片貝智恵
商品コード:
978-4-86194-083-5
「看護師国家試験出題基準(平成26年版)」準拠。小項目別にみた要点と過去問題集。第91回~第103回看護師国家試験問題集収録。
【販売価格】
1,944 円(税込)
ポイント 18 Pt
関連カテゴリ 書籍 > 看護学 書籍 > 国家試験
目次

目標I.健康から疾病を経て回復に至る過程について基本的な理解を問う。
1.疾病の成立と疾病からの回復
A.疾病の原因
B.生体の回復

目標II.疾病による身体内部の変化について基本的な理解を問う。
2.基本的な病変
A.細胞の障害
B.細胞の障害に対する修復・再生・適応
C.基本的な病変とその機序
D.健康状態を脅かす微生物

3.疾病に対する医療
A.疾病の予防
B.疾病の診断
C.疾病の治療
D.疾病に対する薬物療法
E.医療による健康被害

目標III.疾病の特性について基本的な理解を問う。
4.神経機能の障害
A.中枢神経系の疾患
B.末梢神経系の疾患
C.感覚機能の障害

5.呼吸機能の障害
A.気道と肺の疾患

6.循環機能の障害
A.心臓の疾患
B.血管系の疾患

7.造血機能の障害
A.造血器の疾患

8.免疫機能の障害
A.膠原病
B.アレルギー性疾患
C.免疫不全

9.栄養の摂取・吸収・代謝機能の障害
A.栄養バランスの不均衡による疾患
B.口腔、咽頭と食道の疾患
C.消化管の疾患
D.肝臓・胆嚢・膵臓の疾患

10.排泄機能の障害
A.泌尿器の疾患
B.排便の障害

11.内部環境調節機能の障害
A.内分泌系の疾患
B.体液の調節障害
C.自律神経系の機能障害

12.運動機能の障害
A.骨・関節・筋肉・神経筋接合部の疾患
B.活動や行動の制限による疾患

13.生殖機能の障害
A.性・生殖器の疾患