第108回看護師国家試験収録「母性看護学問題集」刊行

MX-3140FN_20190517_104543_001

「2020年看護師国家試験対策母性看護問題集」刊行

看護師国家試験を突破して、憧れの看護師になるためには、過去問を繰り返し解いて、覚えてしまいましょう!

第95回~108回までの問題289問のすべてに解説をつけています。

見やすく、分かりやすいレイアウトになっています。

何度も解いて、自分のものにしてください。

 

「第108回看護師国家試験出題傾向」全問チェック!

午前問題1 疾病や障害に対する二次予防はどれか

1.早期治療

2.予防接種

3.生活習慣の改善

4.リハビリテーション

 

 

解答

1.○  早期に疾病や障害を発見するのは、二次予防である。

2.×  予防接種は、一次予防である。

3.×  生活習慣の改善は、二次予防である。

4.×  リハビリテーションなどの社会復帰は、三次予防である。

 

ダウンロード

出題基準に準拠『2019年出題傾向がみえる在宅看護論』

看護師国家試験には出題傾向があります!

看護学校の皆さんは、平成31年2月に実施される看護師国家試験に向けての勉強に、ラストスパートをかけておいでのことと思います。

看護師国家試験においては、健康課題をもつ人々を生活者としてとらえ、身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解することが求められています。

第108回では療養の場の多様化をチェック!

多様化する患者の生活の場にあわせた看護の提供のための知識を身に付ける必要がありますので、以下をチェックしましょう!

○療養の場の移行や地域包括ケアシステムにおける多職種連携と看護について

○認知症、精神疾患・難病などの特徴的な状況にある在宅看護者について

○医療管理を必要とする在宅療養者について

『2019年出題傾向がみえる在宅看護論』は、要点編と過去問編が対比

『2019年出題傾向がみえる在宅看護論』は、厚生労働省が発表した出題基準にのっとり、前半には出題基準ごとに要点をまとめました。

後半には過去問題が入っています。

出題基準の中項目ごとにまとめた「要点編」と「過去問題編」は対比になっています。

要点編を読んで、過去問を解きましょう。

DSC_0454出題傾向がみえる要点編

DSC_0455出題傾向がみえる過去問編

ポイントとなるところは、わかりやすい図で説明

『出題傾向がみえる看護師国家試験在宅看護論』では、図や表を多用し、わかりやすいものにしています。

文書1

本文を読みながら、図や表で理解を深めていってください。

看護師国家試験はプール制です。過去問題をしっかり押さえましょう!

過去問題を十分に理解するために、要点編は欠かせません。

しかし、自分が解いた問題が不正解の場合には、過去問についている解説を読んで、よく理解しましょう。

出題傾向がみえるシリーズは、領域ごとの刊行です!

MX-3140FN_20181120_102102_001

苦手な教科克服のために、または自信のある教科をさらに確実なものにするために、ぜひお求めください。

 

 

amazonで堂々の15位『診療放射線技師のための医療安全管理学』

『診療放射線技師のための医療安全管理学』が、amazonで堂々15位!

本書は、診療放射線技師の皆様だけではなく、看護師、臨床検査技師の方々にも、ぜひお勧めしたい1冊です。

 

MX-3140FN_20181004_124102_001

帚木蓬生著『安楽病棟』(集英社文庫)

帚木蓬生著『安楽病棟』を読みました。

本書のなかに、「老年看護学」について、当時大学生だった城野(主人公の看護師)に講義をする50歳代の教師の話が出てきます。

「看という字は手と目から成り立っています」と話す先生は、認知症病棟のスライドを100枚以上も持ってきて、高齢者の暮らしぶりと看護師の働きぶりを余すところなくみせていきます。

スライドに写っていたのは、食事、入浴、歯磨き、身体の運動、おむつ替え、排尿誘導、散歩、そして雛祭りの行事など、人間の生活の隅々まで「よくもこんな風に援助できるものだ」と主人公が感心するほどの「目と手で護る」看護師の姿でした。

この作品には、高齢者の姿が縷々描かれていますが、何よりも看護師の姿勢がすばらしい。

ぜひ、皆さまにもお勧めしたい一冊です。

MX-3140FN_20181004_100107_001

平成30年版看護師国家試験対策「出題傾向がみえる母性看護学」刊行

看護師国家試験に導入されている「プール制」とは,試験問題の質や難易度を安定させる目的で,過去問題のストックのなかから出題するというものである.

第107回では,過去問題をそのまま出題せずに,少しひねった問題になっている.

第107回では,血清免疫グロブリン濃度の年齢による変化を問うており,第101回とほとんど同じだが,求める抗体の種類が異なっている.

今年刊行した「2019年 出題傾向がみえる母性看護学」では,解答に解説も施したので,よく読んで,理解を深めていただきたい,と編集部一同,願っている.

101回 107回

第101回では,IgGを,107回ではIgAを問うている.

 

 

『2019年出題傾向がみえる母性看護学』刊行

MX-3140FN_20180907_101942_001

お待たせしました。

看護師国家試験対策『出題傾向がみえる母性看護学』が刊行されました。

 

 

 

『診療放射線技師のための医療安全管理学』が刊行されます

本書には、医療安全に欠かせない「ヒューマンエラー」をチームで防ぐチームステップ、造影剤の投与や下部消化管検査に対応した業務拡大の内容、さらに診療放射線技師として必要な一次救命処置(BLS)やパンデミックの媒体とならないための感染管理、清潔操作、KYT、災害時の放射線医療などを効率よく学ぶことができるように編集しています。

 

 

houshasen-caver_hp

2019年看護師国家試験対策「出題傾向がみえるシリーズ」12科目刊行予定!!

2019-出題傾向今年も「看護師国家試験出題基準30年版準拠」の出題傾向がみえるシリーズ続々刊行予定!!

 

2018年看護師国家試験対策シリーズ 刊行!!! 第1弾 出題傾向がみえる母性看護学 

お待たせいたしました。平成30年版看護師国家試験出題基準に準拠した2018年看護師国家試験対策シリーズ刊行!!

第1弾はこのシリーズでは人気ナンバーワンの「母性看護学」です。

医学モデル中心の旧基準から、看護モデルの新基準へ。『使える知識』でより実践的な学習がポイントとなります。

覚えやすい要点編と過去問題集で国家試験を突破しよう!

2018年国家試験対策 要点がわかる出題傾向がみえる母性看護学

2018年国家試験対策
要点がわかる出題傾向がみえる母性看護学

母性看護学 要点編

母性看護学 要点編

母性看護学 過去問題編

母性看護学 過去問題編